ショッピングカート
画像

画像

カットソーのように着れるシャツが欲しくて作ったデザインです。

ライン、丈感、首周りの空き具合、着た時の動きやすさ、じっくりと試行錯誤を重ねて出来た形です。シンプルな物ほど『腕の良し悪し』が露呈するものだなぁとしみじみ感じながら・・・。


しかしながら良し悪しはさて置いて、このアイテムはほんとうに便利です。

使いやすいのにナゼか売れないなーと何年も前から思ってましたが・・・そもそもダイアリーにちらりと一度しか載せてませんでした。ごめんなさい。


リネンプルオーバー・白
¥13,800 tax in



ギンガム

2017年05月19日
 
 いろいろ

画像   画像

画像   画像

画像   画像


リネン100%ならではの、ごわっとした質感を楽しめる生地です。薄くも厚くもなく一枚でさらっと着るのにちょうど良い生地なので、夏には特に活躍してくれそうです。チェックなので透けも気になりません。




 アラジンパンツ・花紺青
  画像
 肉厚リネン生地でなんとも素敵な色味のアラジンパンツが出来ました。

ジレとセットだと、なんだかブラックチューリップのイメージなのです。

 花弁が厚く、しっかりとした造りなのに
どこか淋しげで凛とした美しさもあるブラックチューリップ。好きな花です。
花言葉もまた・・・好みなのです。


画像
アラジンパンツ・花紺青
¥19,500 tax in

○ジレ・花紺青
¥10,000 tax in(ジレのみオーダー頂いてからの製作となります。)



会話

2017年05月13日
 気のおけない友との何気ない会話。

画像

太古の昔から繰り返してきたであろう幾千万億兆…の何気ない会話。


 どんな時代、景色、人生であろうとも、

此処になにか全てがあるような

そんな気がします。


 明日、誰とどんな話をするのでしょう?





ホビーショーでは

2017年05月10日
ナンリーコート・リネンバージョン
    画像   画像
    画像   画像
 画像は白ですがブラックが人気でした。季節的にちょっと羽織るのにちょうど良いからかな?
 修道女のコートをイメージしてデザインを起こしましたが、着物コートの様なイメージもあります♪



ナンリーコート(リネン白)(リネン黒)

¥18,800(tax in)

現品はございませんので、オーダー頂いてからの製作となります。(只今ご入金確認後、3週間ほどお時間を頂いております。)




画像   画像
限定品だったコルトレイクリネンバージョン・・・。アラジンパンツにも良さそうなフラックスリネン生地をさがしていますが、なかなか‘これ’としっくり来る生地が見つかりません。お待ち頂いてる方、申し訳ございませんがもう少し?いえ、しばらく?お待ち下さいませ。



 
 先日行われました2017日本ホビーショー、たくさんの方々にご来場いただき、ありがとうございました。なかでもMAKER'S Selectionメンバーとしてフォブポケットが参加出来た事、たいへん光栄でした。

 気まぐれ更新で不親切な(自覚してるのなら親切にせいっ!と今何人の方が突っ込まれた事でしょう。ごめんなさい。)・・・こんな私のホームページですが、長い間ずっと遠く遠くから見て下さってる方々がいらっしゃることを知りました。
 なんというか言葉にできないほど、嬉しかったです。

 こんな風に作品作りを続けていられるのは、買って下さる方々やふらりとホームページを見て下さる方々、作品をつくるにあたって関わってくださっている全ての方々のおかげさまで、なんて有り難く幸せな事なのだろうと強く思いました。
 ほんとうにありがとうございました。


○ディスプレイテーマは毎度こうなる『廃城』
 画像 


○お隣ブースは人気の著書本もたくさん出されていて、NHKすてきにハンドメイドでもおなじみの May Me 伊藤みちよさん。オープン前スタッフさんと打ち合わせの様子。やわらかな物腰と、とびきりの優しさを兼ね備えた憧れの方です。映画“繕い裁つ人”では中谷美紀さんに縫製指導をされたそうで、実物の中谷美紀さんは驚くほど美しく、驚くほどストイックで素敵な方だったそうですよ♪
 画像

○Green-finger キャンドル作家 有瀧聡美さんのブース
毎度ため息が出るほど素敵です。
 画像  
○un deux trois  shuさんのブース
横浜の港からほど近く、それはそれは素敵なアトリエを構えていらっしゃいます。世界観がもう!!たまらないです。
 画像


 
 MAKER'S Selectionメンバーのブース全てをご紹介させていただきたいところですが、割愛させていただきます。・・・次回は今秋11月10日〜かな?!?お楽しみに♪
 
 
 画像
会場の東京ビックサイトからホテルへの帰り道…ご褒美のようなコバルトブルーに包まれた景色に出遭いました。