毎年東京ビックサイトで行われる2018日本ホビーショーにFOBPOCKET 出展させていただきます。


◯ フォブポケットは初日26日1日のみの出展です

◯ 東5ホール MAKERS'SELECTION(メイカーズセレクション)エリア内 Q-16



名称 :第42回 2018 日本ホビーショー THE 42nd JAPAN HOBBY SHOW 2018

会期 :2018年4月26日(木)/27日(金)/28日(土) 10:00〜18:00 ※28日は17時まで

会場 :東京国際展示場(東京ビッグサイト)東展示棟 東4・5・6・7ホール


〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1

TEL. 03-5530-1111(代)

http://bigsight.jp

主催 一般社団法人 日本ホビー協会


入場料(予定) 1,200円(前売)/1,500円(当日)
※高校生以下無料/障がい者手帳をお持ちの方とその介護者各1名無料
※3日間共通券
※前売券、当日券共に、同時開催イベントに入場可能


image  image

新作、新色等々いろいろお持ち致しますので、ぜひこの機会にどんどんご試着されてみてくださいませ♪

imageキャッシュトレーもこの度新調いたしました♪忘れないようにしなきゃ…汗


春ですもの

2018年03月23日
image
 ・・・ね♫



image
image
image

image
 今ハマっている(何にでも巻きまくっている) ‘SARASI’ 巻いてみました。


美ギンス

2018年03月16日
黒も、もちろんございます♫

とにかく楽でカッコよく、そして何よりさりげなく…

image image image




美ギンス

2018年03月16日
【美ギンス】出来ました。

image image image


昨年はビットソーを自慢気に語りましたが、スタイル良く見えるという意味では、更に更に上を行くアイテム完成です。あの時はごめんなさい。

どこぞやの雑誌でパリジェンヌがほっそいパンツ?スパッツ?カルソン?一枚にこれまたピッチピチのトップススタイルで写り込んだファッションスナップを見ては「どーして外を歩けるのかこの格好で!!格好よすぎるやん!!」
私がレギンスとインナーで鏡の前に立つと、どこからどう見ても《昭和シャツ&モモヒキ》なのにーー!!…とハンカチの端っこを噛んでキーと言ったことか。

これは、私の“意地”?いや“執念”とも言える?!作品です。

是非皆さまにもご試着いただいて、「あら、私イケるんじゃない?」「もしかしたらパリジェンヌじゃない?」と。ほくそ笑んでいただきたいです。

image image




リボン

2018年03月16日
 
image image image image
高校生の頃アニエスベーで買ったお気に入りの皮リボンを今日は首元へ。 このリボンはその頃から忘れ去られる事なく、ずっと大事に使い続けています。だいたい物持ちが良い私ですが、これはさすがにキングオブ・モノモチ!?です。



⌘リバーシブルベスト・シングルタンシャツ・秘密のスカート⌘


2018年03月11日
ペタルベスト絡めた3点セット♫ストールなど小物次第で柔軟な着こなしができる優れものです。
そして何よりスタイル良く見える!!・・・本当です。



image image image

image image



紺色を着るとなぜか落ち着くのは、紺ブレ世代だからか・・・今思えば紺ブレブームみたいなの、今はないですね。
時代が変われば人も変わる。
変わらないのは私だけ…!?にならないよう柔らかく生きたいものです。



今週は暖かくなるそうですね♫良い週末を♫



 お待たせしました。

image  image  image 


 image     image

胴回りはすっきりと、お袖は蝶々の羽のようにふくよかに広がるデザインです。

 これからの季節にぴったりな、スキップしたくなるようなシャツに仕上がりましたよ♪


 むら染め透かし織りチェック・リモンツェッロ・ブラックギンガム

でご案内致します。





絵本のなかに

2018年03月01日
image


image image


image

パッと生地を見たとたん浮かんだのは、アンデルセンの物語♫

モノトーンながらもクリーム色がかったベースの白が、黒い小花柄を可愛らしく見せてくれています。

春ですもの、少し弾んだ気分になるようなアイテムを取り入れてみるのもいいですよね。

スタンドカラーシャツ・物語柄〈イタリア生地〉
24,000円 コットン95% ポリウレタン5%



えん

2018年03月01日

image image

欲しいエプロンがなく、自分のために作りはじめた服作りですが、今では支えて(調子に乗らせて?!)くださる方々のおかげで沢山の服を作らせていただく事となりました。

たった3枚のエプロンとフリルブラウス一枚がハンガーにがらんとかかっていただけの展示会。シーンとした展示会で3枚のエプロンを眺めるだけのわたしを、場所を提供してくださったお店angesのオーナー様にどれだけ励ましていただいたことか…。


写真はずいぶんと長いあいだ支えてくださった方のお嬢様。先日成人式でapron 2をショールとして使ってくださって、記念のお写真にまで載せていただけたそうなのです。 高校生だったお嬢様が「わたし、エプロン2番が着たい!」とおっしゃってくださって、
大人びた雰囲気が持ち味の2番なのでお母さまは「2番は、大人になったらね」と
代わりにミルクアラジンとコルセットベストをオーダーしてくださっていたのでした。 20歳の成人式を無事に終え、
いよいよ2番を着ていただける日が来たと、ご報告も兼ねてお写真を見せていただきました。



なんといいますか…とても美味しいお料理やさんが「おいしい」の言葉1つのためにされていらっしゃるとサラリと仰ったのを聞いたことがありましたが、やっとその感覚が少しは私の中で出来ているのかな?と思いました。 お洋服は食べませんが「おいしい!!」
とつい言葉が出てしまう時の感情を、
身につけた時に持っていただけるような服を作れたら、それは理想のかたちなのだと思います。